野球肘への奈良県香芝市の下間整骨院での治療方法

※文中の青い文字をタップ、または、クリックして頂くと関連ページにつながります。

野球肘とは、内側上顆炎と呼ばれる疾患です。

病状として肘の関節周辺に炎症を伴いますが、治りにくい理由は炎症が有るからではなく、内側上顆に炎症を起こす原因動作が有るからです。

野球肘に対しての下間整骨院での考え方と治療内容

原因動作を修正しない限り野球肘を治すことは出来ません。(野球を止めれば治りますが、、、)

内側上顆炎のページで説明しているように、投球動作の際、肘に離開力が働く事が主な原因です。

この離開力は、体(体幹)の動きと手先の動きとの関係に離れて行くような方向性が有るために発生します。

この動きの修正ポイントは、多くの場合、スローイング動作中の肘が伸び始める前の動きを修正することに有ります。

修正する部位は、個人によって異なります。

下間整骨院では、一人一人の動作を観察して問題動作を修正します。

同時に、ASC他動的運動療法を用いて組織の炎症をおさめ、投球動作の中の筋肉の働きをその指令内容から正して本来の機能を回復させていきます。

下間整骨院に通院出来ない方が御自分でできる簡単な対策

当院への来院が困難な方は、

以下の内容を御参考頂ければと思います。

御自分で行う動作修正の方法として最も簡単な方法を書いておきます。

スローイング動作に似た形で後ろから前に紐を引っ張り、引っ張っている腕側に体全体の体重を乗せて行くようなイメージを持って

その動作を緩やかに反復練習し、その時の身体の使い方や動き方の感覚(動作)を投球動作に取り入れるようにすれば良いと思います。

この時、紐を引っ張る手の位置は、頭の横少し上 辺りから始め、その少し先(10~20センチ)の手先の位置でも同様の行為を行うようにします。

これは、スローイング動作をする腕(肘)に対し、体全体の動きの方向が同調するように導くための動作学習です。

もちろん、この指導だけでは治らない症例も少なくありません。

更に詳しい御自分で行う動作修正は先の文章の中にリンクさせて頂いた内側上顆炎のページを御参考ください。

同じページですがもう一度リンクを貼っておきます。→コチラ

尚、野球肘は、悪化すれば、骨折や離断性骨軟骨炎などの症状もひきおこします。

ここに自分でできる方法を書かせては頂きましたが、自己判断せず、必ず、専門知識を持った医療機関を受診してください。

野球肘を患っておられるのが子供さんであった場合、一生の夢を奪われるかも知れませんので、お父さんお母さんは、指導者の人とも御相談され適切な対応をとってあげてください。

御質問が有りましたら下間整骨院に御気軽にお問い合わせください。