文章説明を読んで頂く前に
動画でイメージを掴んでみてください。

私の行っている
ASC他動的運動療法技術者育成塾
普段の様子です。

 

他動的運動療法とは?

運動療法とは?

運動療法とは、
動くことの機能(仕組み)を利用して
身体の異常箇所を
元通りの正常な状態に戻して行くための
治療方法のことです。

ここでの身体の異常箇所とは、
主に運動に関連が深い器官である
神経組織や筋肉、骨を指しています。

その他にも、
便秘や不眠、消化機能の低下、血圧など、
運動をすることで改善が見込める症状
(異常)の全てを含んでいます。

他動的とは?

他動的という言葉が運動療法の前に付く場合、
その意味は、施術者が、
患者さんの身体(主に手や足)を
患者さんの代わりに動かさせる
という意味になります。

運動療法には、
その行為の違いから、
自分で動く自動運動療法と
施術者が動かさせる他動的運動療法とが
が有ります。

ASC他動的運動療法

ASC他動的運動療法は、
私の独自の治療理論である
ASC理論を他動的運動療法に取り入れて
作り上げた特殊な手技療法です。

奈良県香芝市の下間整骨院では、
運動という行為が持つ
“身体の異常に対する改善効果”が
効率良く発揮できるASC他動的運動療法
という手技を使って
数多くの症状に対応しています。

ASC他動的運動療法に関連する記事は、
コチラをクリックしてお読みください。

※文中の青い文字や表の中のタイトルをタップ、または、クリックして頂くと関連ページにつながります。

奈良県香芝市の下間整骨院の施術法