健康維持のための月一の運動感覚改善療法の提供をしています。

健康維持のための月一の運動感覚改善療法の提供をしています。

 

奈良県香芝市の下間整骨院では、

異常な動作感覚である痛みという感覚の解消を得意としています。

 

動作感覚の異常性は、本来ほとんど意識しない身体に加わる力の感覚が

痛みという感覚に置き換えられているところにあります。

 

その大きな原因の一つが筋肉の不適切な緊張状態にあります。

 

筋肉の働き内容は、脳の判断や脊髄の反応によって決まります。

 

脳の判断は、身体の使い方や疲労など多くの要素の影響を受けます。

 

中でも年齢による脳自体の働きの衰えもその判断に影響を与え、

その結果、筋肉の働き内容に悪い影響を与えています。

 

これは、ある意味自然な現象ですので、完全に防ぐことはできません。

 

しかも、ここで私が言うところの劣化した筋肉の働き内容は、

トレーニングや体操、一般的な治療行為、薬では改善し難い傾向が強くあります。

 

その理由は、脳の判断は、動作や姿勢という運動機能の中で現される筋肉の働き内容に強く反映される傾向があり、

いわば、動作や姿勢を造るために脳が組み上げるプログラムの劣化だからです。

 

脳の創る動作や姿勢のプログラム(計画)は、非常に複雑であり、

動作や姿勢といった実際運動環境を身体に造らない限り、

そのプログラムに影響を与えることはできません。

 

しかも、トレーニングのように、単なる運動の繰り返し程度では、

そのプログラム自体に、しかも脳の働きの劣化が原因で異常が起きているという現象を

意図的に解決することはできません。

 

劣化したプログラムのまま動作や姿勢を造って行けば、

関節に加わる負担が増大し、関節炎や変形の原因になり、

そこから現れる痛みのせいで更なる筋肉の働きの劣化が生じます。

 

人の意識は、痛みという感覚でしか異常を感じ取ることは出来ず、

また、痛みという感覚だけが認識されるだけですので

異常の本当の原因や内容詳細を理解できません。

 

ですが、私にはある程度、少なくとも、異常を改善出来る程度の理解が出来ています。

 

その理由は、20年以上の他動運動療法の結果を分析し理論を建て、

実践して評価と改善を繰り返して来たからです。

 

そこから得た知識と技術で、脳の働きの劣化と筋肉の働き内容との関係を想像でき、

そこに焦点を合わせた手技療法の良好な結果によって自ら想像論の確かさを確信できています。

 

その成果が運動感覚改善療法であり、

その効果を多くの人に健康維持増進ためのケア手段として体験して頂いています。

 

他には無い、運動機能や感覚の異常を意図的に改善出来る

運動感覚改善療法は、下間整骨院オリジナルの特別な運動療法です。

 

健康維持として、サプリや健康体操、トレーニングでは意図的に出来ない

運動感覚の改善をお望み人は奈良県香芝市の下間整骨院へお越しください。

 

 

フォロー宜しくお願いします


Warning: Division by zero in /home/shimotsuma/xn--asc-522eq20jw2l746b.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

コメントを残す