運動の利点を活かした慢性疼痛への治療方法 香芝市の下間整骨院

下間(しもつま)整骨院では、

ASC他動的運動療法(商標登録5962675号)という

神経の働きを利用した特殊な手技療法を用いて

痛みの解消に取り組んでいます。

ASC他動的運動療法は、

運動の利点を最大限に活かすための

工夫が施された、

他に例のない特殊な手技療法です。

慢性化した痛みは、

炎症を下地にした、

患部に加わる力の感覚の変異

によって起こっています。

力の感覚の変異

通常、身体に加わる力の感覚は、

殆ど意識されていませんが、

その力が身体にとって好ましくない

力学的条件を持っていると、

その力の感覚が意識化されます。

その様な意識される

力の感覚の一つが

『痛い』という感覚です。

この様な痛みの感覚形成の行程には、

力の感覚

痛みという感覚への変換が

脳の中で起きています。

このような力感覚の変異は、

無意識下の感覚調整として起こります。

そこには、

身体保護を目的とした

脳の働き(無意識下の判断)が

深く関わっています。

力感覚の変異(慢性疼痛)

慢性化した痛みの殆どは、

力感覚の変異によって意識化されています。

力感覚の変異への対応

力感覚の変異(慢性疼痛)への正当な対応は、

力感覚の変異を本来の正常な状態(感覚)に

戻すことにあります。

その最も効果的な手段として、

下間整骨院では、手技の力学的条件を

繊細に調整することを重要視した

他動的な運動療法を取り入れています。

その他動的運動療法の効果を

最大限に発揮するために、

人体に備わっている

条件反射や運動性反射という

身体の働きを

上手く利用していることも

ASC他動的運動療法の特徴の一つです。

加えて、

慢性化した痛みが続く原因とされている

患部の血流障害への対策も取り入れた

動作感覚改善療法を作り出すことにも

成功しました。

それにともない、

以前にも増して、変形した関節の痛みや

四十肩のような組織変性がある病態に対する

慢性化した痛みの改善効果が示せるように

なっています。

どこに通院しても治らない痛みは、

患部の血流障害が原因かも知れません。

だとすれば、

私の用いる動作感覚改善療法が

あなたの痛みを改善する

鍵になるかも知れません。

私に全ての症状が改善できる訳では

ありませんが、

最大限の努力と適切な判断、

良心的な対応は、絶対にお約束できます。

私自身に治せる可能性が低い症状の人を

いつまでも通院させることはしません。

もちろん、下間整骨院では、

殆どの来院者の痛みの緩和や

スポーツ復帰、スポーツ競技能力の向上を

達成できています。

その理由は、

運動機能の異常を現す感覚である

痛みという感覚に対して、

運動機能の改善を最も正当な方法で

行っているからだと自負しています。

慢性化した痛みへの治療を

お探しでしたら奈良県香芝市の

下間整骨院までお越しください。

フォロー宜しくお願いします


Warning: Division by zero in /home/shimotsuma/xn--asc-522eq20jw2l746b.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382