関節の変形と筋力

 

関節の変形には、

筋力が深く関わっています。

ただし、

多くの人達が考えている

『筋力が足りない』ことが

関節変形の原因ではありません。

関節変形の本当の理由は、

動くことへの無意識の制限にあります。

動きへの無意識の制限

解りやすい例は、

氷の上を歩くときの

ギクシャクした歩行動作です。

関節運動の滑らかさが失われ、

関節には、大きな負担が掛かります。

結果、

関節は傷ついて、

炎症が起こり、

炎症は、痛みと共に、

更なる動きへの制限を招きます。

動くことへの制限は、

筋肉の働きによって起きています。

具体的には、

関節が動く時、

伸びなくてはならない筋肉が

上手く伸びないことで、

動くことに制限が加わっています。

これらの筋肉の伸びの悪さは、

その場面としては、

不必要に強すぎる筋力が出ている

ことによるものです。

運動中の関節の動きは、

複数の筋肉の働き(筋力)の

絶妙な調整によって成り立っています。

この調整は、通常、

無意識で行われています。

動くことへの無意識の調整は、

時として乱れ、

その乱れの結果、

関節を傷つけ、

関節の変形が起こっていきます。

 

 

 

 

フォロー宜しくお願いします


Warning: Division by zero in /home/shimotsuma/xn--asc-522eq20jw2l746b.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382