膝の変形の始まりの多くは40~50代の突然の膝の痛み?

膝の変形の始まりの多くは40~50代の突然の膝の痛み?

※文中の青い文字をタップ、または、クリックして頂くと関連ページにつながります。

私は、患者さんの痛みの経過を出来るだけ詳細に伺うことにしています。

そのような臨床経験から、膝の変形を起こしておられる人の殆どが、40~50代頃に歩くのが辛い程の膝の痛みを経験されておられます。

そして、そのような膝の痛みの経験者の多くは、一旦、痛みを感じ無くなっている場合が多く、その後、数年後に、多くの人が膝の痛みを再発され、それが治らないという状況が続く傾向にあるようです。

私の整骨院にも40~50代の歩行困難な膝の痛みを訴えられて来院される人が多くおられます。

もちろん、その痛みは、ほぼ全ての例で解決できています。

私は、開業当初からそのように40~50代の日常生活で発生した膝の急性の痛みを数多く診て来ましたが、その方々の中に膝の変形を起こして再来院された人は、ほぼおられません。

ただ、スポーツの休止、または、禁止という私の方針に御不満を抱かれ通院をやめられた人や一般整骨院での施術や整形外科のリハビリ、痛み止めという対応を選択された人達は、後に変形性膝関節症になられておられる人がおられます。

誤解されては困るのは、私は自慢話をしたい訳ではありませんし、下間整骨院への通院の勧誘でもありません。

自分の施術経験に基づいた変形性膝関節症についての意見を書いているだけです。

なぜ、他の医療機関を非難するかのような記事を書くのかといえば、40~50代でまともな対応ができれば、多くの人が膝の変形に至らずに済むのではないかと考えるからです。

そして、その対応策も私にしか出来ない特殊な運動療法の話が前提ではなく、どこの医療機関でも手間を惜しまず、適切な経過観察と判断さえできれば可能な内容だからです。

その内容とは、膝の良性肢位での固定による患部の安静と痛みの出ない範囲の(できれば他動的な)緩やかな可動です。

これで、日常生活で現れた膝の痛みの多くは改善されます。

後は、患者さんの生活環境の中から、膝を捻っているような動作を見つけ、訂正してあげることです。

この対応さえ40~50代よく起こる突然の膝の痛みに医療機関が丁寧に行えば、相当に多くの人が膝の変形に至らなくて済むと私には思えます。

固定の目的は、膝関節の中に出来たであろう組織の傷(半月板損傷など)を治す、もしくは、痛みの原因にならな範囲、膝の動きを滑らかにできる範囲まで回復させることにあります。

このようなことは、痛み止めの薬にも電気治療やマッサージにも鍼治療にも期待できません。

膝の動きの滑らかさは、変形が起こるかどうかに大きく関わっていると私はその臨床経験から考えています。

しかも、痛みが無くなれば、膝の動きの悪さが残っていても、ほぼ全ての人がその動きの不備が余程大きくないと気づきません。

ましてや痛みを電気や薬でごまかしていれば尚更です。

ちなみに、昨今、テレビでは、痛みの多くが脳のイメージの問題であって患部の問題は少ないとの考え方よく聞かれますが、はっきり言って全くの嘘です。

痛み感じる場所がある以上、痛みを感じている場所周辺の筋肉の働きは、おかしくなっています。

ただ、そのことに人は気づけないのです。

筋肉の働きは、非常に精巧な調整を受けていて、その調整内容は痛みという感覚の影響や組織損傷の影響を絶対に受けています。

しかも、その影響は、関節の動きに良くない方に調整されています。

そして、痛みを止めたところで脳による関節周辺の傷や関節運動への評価が変わらなければ、つまり、組織の傷が一定量残っていたり、一旦発生した筋肉の働き不備が関節運動中に紛れているだけで、その状況が影響し続けて筋肉の働き不備が解消されにくい状況が続きます。

そのような状態で動きつづければ、筋肉の働き不備の影響は積み重なり関節の変形を呼び込んでしまいます。

40~50代の日常生活中に起きた膝の痛みの多くが、膝の中にある半月板やヒダを傷めています。

このような組織的病変では、痛みを伴うとともに、確実に膝の動きから滑らかさを奪う筋肉の動き不備が起きています。

痛みが消えれば、関節運動の大きな不備は目立たなくなりますが、外見からは解りにくい範囲の筋肉の働き不備は、膝周辺や股関節に残っています。

絶対に残っているのです!

膝に限らず、私は、その筋肉の働き不備を見つけて修正することで多くの痛みを解決したり、変形の進行を年単位で止めている経験を重ねてきたので知っているのです。

ですから、もっと多くの人に真実を知って欲しいのです。

日常生活の中に出た40~50代の膝の痛みは、しっかりと整形外科で検査を受けた上で筋肉の働き不備を解消することを優先させた施術方針がその多くの例で必要であることを!

そして、その方法は、医療機関が手間さえ惜しまなければ可能であることを!

ちなみに、半月板損傷は、レントゲンでは解りませんし、その規模が小さければMRIでも確認困難です。

このことも安易に扱われやすい理由になっています。

また、整骨院や鍼灸院は、知識が足りないのでまともな対応ができません。

このような現状を変えて行かない限り、膝の変形で手術を受ける人は増えるばかりです。

この現状を変えられるようにとこのブログを書きました。

それ以外に他意はありません。

フォロー宜しくお願いします


Warning: Division by zero in /home/shimotsuma/xn--asc-522eq20jw2l746b.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

コメントを残す