膝に水が溜まるのは、膝の関節に炎症が起きているからです。

膝に水が溜まるのは、膝の関節に炎症が起きているからです。

※文中の青い文字をタップ、または、クリックして頂くと関連ページにつながります。

今回のブログは、膝に水が溜まる理由についてです。

膝に溜まっている水の正体は?

膝に溜まっている水は、膝の関節内に満たされている関節液です。

この関節液と呼ばれる液体成分は、血液の液体成分(血漿)にムチンなど粘り気を持たせる様な成分が混入されて作られています。

膝の関節だけでは無く、どの関節も関節液で満たされています。

関節の基本構造の簡単な説明

関節は、二つ以上の骨の連結場所です。

この連結場所は、関節包(カンセツホウ)と呼ばれる袋状の組織で覆われていて、関節包に囲まれた空間を関節腔(カンセツクウ)といいます。

この関節腔という空間が先ほど説明した関節液で満たされています。

関節液の役割

関節液は、関節面の摩擦抵抗を減らす役割をしています。

また、関節面にある関節軟骨は関節液から栄養を取り入れています。

関節液は、常に新しい液体成分が血管から供給され、余分な液体成分は、組織液側(リンパ液)へと排出されていきます。

膝に溜まる水は何処に溜まっている?

膝の関節包には、その外側に袋状の予備スペースが大小合わせて10数箇所あります。

この予備スペースに関節液が溜まっている状態を膝に水が溜まるというのです。

どうして膝に水が溜まるのか?

膝に水が溜まる最大の理由は、膝関節に炎症が起きているからです。

炎症は、液体成分(血液やリンパ液)の停滞を招きます。

そして、炎症の起きている場所周辺に血液を呼び込みます。

液体成分の流れが停滞している場所に血液が集まると血管から液漿成分が多く漏れだし、組織液の中に溜まって腫れを招きます。

それと似た状況が、関節液に起きているのです。

関節腔に溜まっている関節液の量が増えれば、関節腔の中の液体による圧力が大きくなり、その影響で関節腔内に余分に取り入れられた関節液は、外側の予備スペースに漏れ出していくのです。

外側の予備スペースに漏れ出して皮膚表面からでもその膨張が判るようになった状態を水が溜まっていると表現されるのです。

膝関節に水が溜まる最大の原因は、炎症です。

膝関節に余分な関節液が沢山作り出されている理由は、炎症が起きているからです。

炎症が関節で起きる理由は、ウイルス感染や関節リュウマチなどの免疫反応と関節組織の物理的損傷(関節の傷)の2種類に分けることができます。

免疫反応は、私の分野外ですので、関節組織、関節軟骨が傷つく原因について次回のブログでは書いていきます。

因みに、私の施術によって膝に溜まっている水を引かせる事はそんなに難しい事ではありません。

もちろん、パーフェクトではありませんが、施術で膝の水が引かない例は10人に1人もありません。

膝の関節に水が溜まったら下間整骨院に御来院ください。

私と私の教えた者以外、他では絶対に真似が出来ない施術を提供しています。

フォロー宜しくお願いします


Warning: Division by zero in /home/shimotsuma/xn--asc-522eq20jw2l746b.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

コメントを残す