膝に水が溜まるなどの原因となる関節の炎症の治し方

膝に水が溜まるなどの原因となる関節の炎症の治し方

 

関節の痛みの一つの大きな要因として炎症という病態があります。

 

今回は、炎症という病態に起こる炎症を長引かせる要因から考えた

炎症への下間整骨院としての対策を書かせて頂きます。

炎症とは?

炎症とは、組織が傷つき、傷ついた細胞の膜から炎症物質ができ、

それを切っ掛けに広がっていく血行不良と痛みの感覚を誘発する生体反応です。

 

炎症には、複数の物質が関わっていて、それぞれに、痛みを誘発したり、

血液循環を悪くしたり、更なる炎症物質を誘発したりする働きを持っています。

 

膝に水が溜まったり、関節周辺が腫れる理由は、血液の循環不良が起こっているからです。

炎症の原因

炎症の原因は、組織が傷付くことであり、傷付くような力が加わることです。

 

関節で炎症が起こる物理的原因の多くは、

関節に骨格構造に見合わない方向から力が加わっているか、

もしくは、筋肉の働きが不適切で関節運動が滑らかに行われていないかのどちらかです。

 

構造に見合わない力を受ける理由は、動作に問題があるからです。

 

筋肉の働き内容が不適切である理由は、

筋肉に働き内容を指示している脳の判断がそのようになっているからです。

 

また、炎症は、血液の循環不良という面からも

その発生しやすさや解消され易さ、痛みの強弱が左右されます。

 

痛みや血液の循環不良に関しては、

関節周辺に溜まっている炎症物質の量が大きく関わっています。

 

関節周辺の血液循環が悪いと炎症物質は、溜まりやすく、

溜まった量の多さで循環不良や痛みの強弱が決まるのですから

一旦、炎症が起こると悪循環が発生して炎症は治り難くなります。

下間整骨院の炎症対策

下間整骨院では、上記の炎症という生体反応の特性を踏まえた上で

効率的で安全な炎症対策を行っています。

 

その具体的な方法論は、患部の関節に力学的負担を掛けることなく

筋肉に運動状態を作り出すことにあります。

 

筋肉が活動すれば、炎症物質の量が余程多くない限り、

患部関節での血液の停滞を筋肉に行く血液量の増加にともなって解消させることができます。

 

ただし、先ほども書きましたが、

この時、患部関節への力学的負担を可能な限り取り除きながら

運動性の反射を用いる方法で他動運動として筋肉の活動を導きます。

 

炎症は、悪循環を伴って勝手に強くなっていく特性を持っています。

 

そこには、炎症物質だけが関わっているのではなく、

脳の自己防衛という役割も無意識下で関わっています。

 

その脳に患部への力学的負担によって患部が傷ついた状況が感覚神経を通じて知らされる、

もしくは、傷付くかも知れないという予測が感覚神経信号を基に脳内で成立するだけでも

炎症は、強くなっていく傾向があります。

 

ですから、通常の運動行為では、返って炎症を強めることも珍しくありません。

 

また、マッサージやその他の物理刺激は、多少なりとも組織を傷つけますので

それに端を発して炎症が強まることも多いに考えられます。

 

また、血液循環の改善も炎症に伴う痛みの緩和も薬を使えば

相当に効果的です。

 

ですが、薬には出来ないことが運動にはできます。

 

運動が持っているマイナス面である

患部への力学的負担をほぼ排除したのが

下間整骨院の炎症対策なのです。

 

膝の水が取れない状況や関節周辺の腫れが治まらないのであれば、

奈良県香芝市の下間整骨院にお越しください。

フォロー宜しくお願いします


Warning: Division by zero in /home/shimotsuma/xn--asc-522eq20jw2l746b.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

コメントを残す