無痛で安全な手技療法・ASC他動的運動療法

今回のブログは、

私の施術の高い安全性についてです。

 

私の行う手技は、

全く痛みがありません。

 

しかも、

運動療法であるにも関わらず、

身体への負担も全くありません。

 

その理由を簡単に説明させて頂くと

運動することに伴う

身体に加わる力

管理(分析・評価)している

(←無意識の領域)の判断を

感じ取る方法が有るからです。

 

身体に加わる力

管理している脳の判断は、

意識とは無関係に

筋肉の緊張度合いに現されます。

 

その筋肉の緊張度合いから

現状(手技の力加減)への

脳の判断を予想し、

手技によって身体に加える力の量

調整することが私には出来るのです。

 

その詳細な理由をお知りになりたい人は、

以下の説明をお読みください。

 

他動的に、そして安全

手技療法の業界では、

昨今、施術者の未熟性も合間って

施術事故の話が多くなりつつあります。

 

手技療法は、

どのような種類のものであっても

患者さんの身体に加える

外部からの力(刺激)

であることに変わりはありません。

 

外部からの力に対して、

私達の脳は、常に注目しています。

 

その力の内容(方向や強さ)や

その力への筋肉による対応状況によって、

脳は身体の運動状態を感じ取っています。

 

さらに、

脳は、感じ取った情報を分析して、

その状況への評価を下しています。

 

その評価の内容が、

身体に加わる力を管理している

脳の領域(無意識領域)によって

“身体にを及ぼす可能性がある”

という判断になれば、

筋肉の過緊張

痛みという感覚が作られます。

 

痛みや筋肉の過緊張を

脳や脊髄が作り出す基準には、

個人差や状況差があります。

 

それゆえに、

同じ手技療法であっても、

人により、

場面(状況)によって、

効果に違いがでるのです。

 

また、

脱力状態にある人の身体は、

外から加わる力への耐性が、

それほど強くはありません。

 

ましてや、

術者の技術的未熟さゆえに

身体の特性に合わない方向の力

手技によって加えられた場合、

その力によって、

患者さんが

怪我をされることさえあります。

 

私が行っている

ASC他動的運動療法においては、

このような事故は絶対に起こりません。

 

なぜなら、

ASC他動的運動療法を施行中は、

私の手技行為が

脳に取って好ましいかどうかを

私の手に伝わっている

患者さんの筋力量(抵抗感)の変化

常に感じ取り、

手技で加える力を調整しているからです。

 

ASC他動的運動療法という手技で

私が加える力の量は、

寝ている赤ちゃんが目覚めない

ほどに微量で柔らかです。

 

従って、

組織の損傷は絶対に起こりません。

 

ただし、

運動感覚を作る脳に対しては、

私が手技として柔らかに加える

多方行からの力の組み合わせにより、

大きな影響を与えることが出来ています。

 

加えて、

運動調整を担う脳や脊髄に対しては、

特定の動作を予測させるような

力の加え方をすることで、

とても大きな影響を与えています。

 

神経組織の働きに対して、

大きな影響力を与える行為(刺激)は、

時として、

脳(無意識領域)の判断によって

拒絶されることがあります。

 

しかし、

私の用いるASC他動的運動療法

による施術においては、

脳や脊髄の判断による

手技への拒絶は起こりません

 

その最大の理由は、

無意識領域の脳の判断を

施術中に感じ取ることができ、

常に、手技で加える力を

調整しているからです。

 

無意識領域の脳の判断は、

筋肉の働き(筋力)として現されます。

 

その筋肉の働き内容を

手技中の私の

手に伝わる抵抗感で読み取る

ことを私は特技としています。

 

手技で創る運動状態への

無意識領域の脳脊髄による判断を

私は、手の感覚で感じ取りながら、

手技として加える力の調整をしています。

 

ですから、

脳の手技に対する拒絶を起こさせません。

 

従って、

余程、患者さんの脳が

精神的ストレスや

その他の異常活動状態にない限り、

私の用いるASC他動的運動療法で

痛みが憎悪することはありません。

 

仮に万一、特殊な例外として、

私の施術によって

痛みが強くなった場合でも

組織的な問題(ダメージ・傷)は、

一切起こりえない範囲の力の量で、

私は施術を行っています。

 

ですから、

実質的な問題は何も起こりません。

 

感覚を創る脳は、

極めて気まぐれな反応を示す時もあり、

そのことへの完璧な予想までは不可能です。

 

私の行う極めて柔らかな施術であっても、

脳の状況の次第で痛みが強くなることは、

ごく稀にはあります。

 

そんな場合でも、

そうだと解れば、

その状況に合わせた施術に

即座に切り替えて対応します。

 

科学的視野に立った方法論により、

ASC他動的運動療法は、

高い効果高い安全性を実現しています。

 

唯一の欠点は、

1回の施術に時間が掛かるという点です。

 

下間整骨院開発の

ASC他動的運動療法は、

奈良県香芝市の下間整骨院と

私の弟子達の施術所でしか

受けることができません。

 

今後、

全国にASC他動的運動療法を広げて行こう

と考えております。

 

また、

家族間の施術である

パートナーケアという考え方

その方法の広がりにも努力しています。

 

御興味のある人は、

お問い合わせよりお気軽に御連絡ください。

フォロー宜しくお願いします


Warning: Division by zero in /home/shimotsuma/xn--asc-522eq20jw2l746b.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

コメントを残す