神経痛には適切な対応を!

 

神経痛とは、

神経を伝わる電気信号の量が

大きく変化してしまった時に

信号が変化した神経が

配置されている場所(主に筋肉)に

痛みを感じる症状です。

神経を伝わる電気信号が

大きく変化する主な要因は、

椎間板ヘルニアや筋肉の硬直、

腫瘍、骨折、関節の変形などによる

神経への圧迫です。

神経は、押し潰されると

(局部的に容積が拡大すると)

電気信号の量(伝導回数)が

増えたり、減ったりします。

この電気信号の変化を

脳が異常事態と判断すれば、

異常を起こした神経の配置場所に

痛みの感覚を創り出します。

このような神経通への対策として、

私自身がその臨床での成果から、

最も理想的で

安全だと考えているのが、

他動的な運動によって、

擬似的な運動状態を

人体構造にとって

最も理想的な様式で作り出し、

その状況を脊髄や脳の神経に

感じ取らせるという施術方法です。

脳は、神経痛の原因になっている

神経を伝わる電気信号の変化を

異常な信号パターンだと

判断しています。

その判断の基準には、

電気信号の変化を起こす

以前の信号パターンが

参考にされています。

ですが、

極端な量の電気信号変化でない限り、

人の動きも感覚も、

あまり影響を受けません。

そのことを

神経痛という感覚を

創り出そうと判断している

脳に教えてあげれば良いのです。

人体構造にとって

理想的な運動状態を作り出して!

動きにも、感覚にも、

影響が無い範囲の

信号変化であると

脳が判断すれば、

神経痛は、

創り出されなくなります。

もちろん、

神経痛が出ている状況下での

人体構造にとって理想的な運動

を作り出すには、

特別な技術と経験、知識が必要です。

また、

理想的な運動状態を作り出しても、

改善しない症例もあります。

例えば、椎間板ヘルニアや

椎骨の変形に伴う神経痛の場合、

私の判断基準としては、

私の施術を3回受けて頂いても、

症状が半分も取れないようであれば、

手術など、他の医療お勧めしています。

神経痛に関しての御相談は、
ラインでお気軽にどうぞ!

フォロー宜しくお願いします


Warning: Division by zero in /home/shimotsuma/xn--asc-522eq20jw2l746b.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382