朝起きて首が痛い寝違えへの安全無痛の治療は下間整骨院へ

朝起きて首が痛い寝違えへの治療は下間整骨院へいらしてください。

 

完全予約制で安全確実な施術をゆとりある時間の中で

奈良県香芝市の下間整骨院が提供します。

 

寝違えは、なぜ起こる?

寝違えは、ぎっくり腰と非常によく似た理由で起こります。

 

ぎっくり腰と同様、頚椎という関節での捻挫様の病態です。

 

ただし、ぎっくり腰や寝違えは、他の関節捻挫と違い、

関節が正常に動く範囲を超えた動きが起こったことで起きているのではありません。

 

寝違えは、正常に動く範囲の中で

頚椎の関節に許容範囲を超える力量の負担が加わり起こります。

 

なぜそのようなことが起こるのか?

 

それは、筋肉による頭部(首から上)の支えが失われるからです。

 

筋肉は、意識していなくても人の姿勢や動作に合わせて

身体の重みを支えています。

 

ところが、その筋肉による支えを調整している神経の管理状態に異常が起こると

身体を支えられなくなります。

 

例を挙げれば、正座の後、足が痺れた状況で立とうとしても、

または、歩こうとしても、痺れが極端であれば、足に力が入らず、

立った姿勢や歩く動作が維持できません。

 

これは、正座によって足の神経が長時間圧迫され、

その結果起こる神経の筋肉への管理異常です。

 

圧迫だけでなく、神経は、時折、管理ミスを起こします。

 

その原因は、様々ですが、疲労や熟睡、頚部の角度など、

寝ている時の条件によることが寝違えの切っ掛けとしては多いと思います。

 

このような筋肉の支えミスで起こった捻挫様の病態は、

ぎっくり腰では、腰椎椎間関節の周辺組織を傷付けることが多いのですが、

寝違えでは、発生時間が寝ているという状況下ですので、

頭部の重みが直接関節に加わったとしても、あまり多くの組織損傷はないはずです。

 

ですから、多くの例で、

捻挫様の負担が加わったことによる印象が

反映されての筋肉の過緊張が主な病態です。

 

ですから、その施術は、筋肉の働き内容を管理している脳への訴えかけでよく、

その訴えかけによって脳の筋肉への管理状況を通常通りに戻させれば良いのです。

 

その最大の要点は、身体に加わる力に反応し、

その対応策を組み立てている脳に、安全な動きによる安全な力を

患部を通じて感じさせてあげれば良いのです。

 

それを手技療法として行っているのが

私の用いるASC他動的運動療法なのです。

 

もちろん、身体に加わる力に対応する脳に感じさせる

安全な動きや力がどのようなものなのかは、ある程度決まっているだけです。

 

脳が手技によって加えた力を安全な力と判断してくれるように調整する技術と

安全だと脳が判断していることを知るための目安必要です。

 

それら全てを兼ね備え、意図的に改善させることが、

他にはないASC他動的運動療法だけの独自の寝違え対策です。

 

首が痛くて回らない寝違えは、

下間整骨院にお任せください。

フォロー宜しくお願いします


Warning: Division by zero in /home/shimotsuma/xn--asc-522eq20jw2l746b.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

コメントを残す