捻挫といえど内出血があれば、的確な固定が必要です。

今回は、柔道整復師である私の

本来の得意分野である捻挫についてです。

捻挫の後遺症

捻挫といえど、軽視すると時に数ヶ月や年単位で痛みが取れないことがあります。

特に、日常的に体重が多く掛かる足首や膝の捻挫は、痛みがいつまでも残ることが多い場所です。

その中でも、膝は、半月板や関節内靭帯など複雑な関節構造をしており、この関節の捻挫は、固定の必要性以上に専門医による組織損傷の範囲や程度への診断が重要であり、状況に合った対応が絶対に欠かせない関節です。

特に半月板由来の痛みは、続くことが多く、その場合、手術という手段も選択肢に入れた対応をしてくださる医療機関を選ぶことが望ましいと思われます。

足首の関節の捻挫は、膝に比べて靭帯の一部、もしくは、全体的な軽い損傷であることが多く経過も良好な例が多いです。

しかし、内出血が現れたり、すぐに強く腫れるような例では、例えレントゲン上で骨折が確認されていなくても確実に足首の動きが制限できる固定を行うことが重要です。

痛みが長引く原因の多くは、損傷した靭帯が治っていないという病態や例え治っていても痛みという感覚が記憶のように残ってしまうという脳の特性です。

ですから、組織の傷が大きいことを現す内出血や強い腫れがある場合、痛みがあるまま動き続けず、痛みを感じにくい状態に固定し、できる限りの安静を保つことが最も望ましい対応となります。

固定の重要性

レントゲンは、硬いものが写る写真です。

ですから、軟骨や、小さな骨の破片、骨折の状態によっては、骨の損傷があっても見極め切れないことがあります。

小骨片が靭帯などの付着分で剥離していたり、靭帯の傷が大きいと関節の動きを止める固定を施さなければ組織的に治った状況が作れない時があります。

一旦、傷付いた組織が治る時に、傷付いた組織が離れて行くような力が度々加わったのでは治りが悪くて当然です。

組織の癒合は、瞬間接着剤使う時のようには行きません。

しかも、動かす事で傷が開き、それに伴う痛みが繰り返されれば、その動きに関わる筋肉の働き内容おかしくなります。

その影響は、捻挫した関節だけではなく、近隣の関節への影響も良くない動きとして現れます。

その結果、筋肉の働き内容の異常が捻挫した関節に痛みをいつまでも感じさせる要因になったり、近隣の関節に新たな痛みの要因を作ったりしています。

例えば、足首の捻挫であれば、特殊な場所を除いて、私は歩くのに最も適した角度で固定します。

その状況で歩く痛みが有るようなら松葉杖を使って頂きます。

患部に負荷をかけるタイミングは、痛みが無くなっているということが目安になります。

そうすることで捻挫で傷めた組織の回復も記憶に近い痛みが残ることへの対策も良好なものとなります。

ですから、捻挫と診断された場合でも内出血や強い腫れがあれば、捻挫した関節の動きが制限されるような固定を依頼してください。

捻挫は、少し大袈裟な対応の方が経過は断然良好です。

足首の捻挫からの体育への復帰に関してはコチラの記事を御参考ください。

フォロー宜しくお願いします


Warning: Division by zero in /home/shimotsuma/xn--asc-522eq20jw2l746b.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

コメントを残す