奈良県内や大阪東部で股関節を動かすと痛い人へ

奈良県内や大阪東部で股関節を動かすと痛い人へ

※文中の青い文字をタップ、または、クリックして頂くと関連ページにつながります。

奈良県内や大阪府の東部や南部で股関節を動かすと痛い人、奈良県香芝市の下間整骨院まで来られませんか。

下間整骨院では、運動感覚の異常事態である動いた時の痛みを他にはない特殊な運動療法で安全に解消することを得意としています。

股関節は、本来、痛みの出にくい関節です。

その関節が痛みを出すということは、早急に適切な対策が必要だと私は考えます。

適切な対策には、適切な病態把握が必要です。

下間整骨院では、股関節の痛みに限らず、全ての痛みや病態を科学的、客観的な視野で分析し、対応することに努めております。

必要があれば、病院での検査も積極的にお勧めしています。

下間整骨院の用いる私が考案したASC他動的運動療法は、高い効果と際立つ安全性を合わせて持っています。

股関節が一旦痛み出すと、股関節に加わる刺激に極めて過敏になり、ほんの少しの負担でも痛みを感じやすくなります。

通常は、全く問題の無い範囲の力であっても痛みが強くなることは珍しくありません。

下間整骨院では、その過敏性を正常に戻すとともに、過敏性の基である炎症筋肉の働き内容の異常も柔らかな手技で痛み無く改善させていきます。

股関節の変形の基になる筋肉の働きの異常は、その殆どが臼蓋形成不全に伴う不安定性にあります。

ここで説明する不安定性は、本人が自覚出来るような不安定感ではありません。

人の身体の姿勢維持は、自覚出来ないだけで、実は、非常に緻密な調整によって成り立っています。

しかもその調整は、無意識下で脳が行っており、脳は、平衡感覚や視覚という意識できる感覚以上に関節周辺や筋肉からの力の感覚を大いに参考要素としています。

ゆえに、自覚できない小さな力の変化や少しの不安定感であっても脳の判断次第では、筋肉の過緊張や痛みという感覚が意識の中に創りだされます。

臼蓋形成不全があれば、自覚できていなくても、動作の中での不安定性を感じさせる力が通常の股関節構造に比べて多く混じっています。

この不安定性が脳運動調整機能で処理できていれば問題ないのですが、年齢と共に脳も衰え、実際の動作中に調整仕切れなくなって来ると股関節動作の動き幅にあらかじめ制限をかけるようになります。

つまり、動作の全体量を前もって減らすのです。

動作の全体量や股関節の運動幅に制限をかけている要素が筋肉の過緊張という力学的条件なのです。

この動き幅を制限するような筋力は、関節動きの滑らかさを奪う力ともなります。

動きの滑らかさが大きく奪われると痛みを出しますが、わずかな制限、及び、動きの劣化程度であれば、痛みが無いことも珍しくありません。

それゆえに、そのような段階での関節運動状況のトラブルは自覚できません。

この状態が長く続けば、関節軟骨は削れ、関節の変形へと繋がっていきます。

痛み止めの薬やほぼ全ての医療行為で、この状態を意図的に改善させることはできません。

なぜなら、これらの現象は、実際の人の動作の中で起きています。

つまり、人が動いている時に起きている筋肉の必要以上の過緊張です。

ですから、それを理屈では解っていても、実際にはその詳細を見付けられずにいます。

私の施術は、運動反射を用いて患者さんの身体に運動状態を作りだした中で行われるので、ここに書いた内容を発見でき、感じ取れているのです。

その私の認識から言わせて頂くと、巷によくあるトレーニングや各種の体操も股関節に加わる負担への配慮が雑過ぎて過敏になった脳にトレーニングや体操の力学的条件を意図的に受け入れさせることは不可能です。

下間整骨院では、股関節の痛みに対して、特殊な手技療法の経験から得た知識を基にした“脳の運動管理と力学的条件”という考え方で施術を行います。

このような考えは、他には有りませんので、香芝市以外の市町村や大阪府からも股関節の痛みへの対策や痛みが取れた後のケアに来てくださいます。

股関節の動きの抑制は、放置すると膝の痛みや腰痛の原因にもなります。

また、変形が極端に進めば、私の方法も通じなくなります。

違和感や軽い痛みの段階で必ず整形外科受診し検査を受けましょう。

そこで『特別な異常は無い』と医師に言われても、違和感や痛みが残っていれば、必ず筋肉の働き内容の異常が残っています。

痛み止めの薬で痛みが取れていても、後々の股関節変形の誘因となる筋肉の過緊張は必ず残っています。

よろしければ下間整骨院の御来院ください。

病態に合わせた本物の施術させて頂きます。

大阪府東部、南部や奈良県内であれば、香芝市の当院に通院可能だと思います。

フォロー宜しくお願いします


Warning: Division by zero in /home/shimotsuma/xn--asc-522eq20jw2l746b.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

コメントを残す