動かすと痛いということを脳の働きからシンプルに考えてみる

難しい理屈ではなく、
動かすと痛いということを簡単に考えると、
動きに伴って痛みが出るということは、
脳が動くことを嫌っているということです。

脳が動くことを嫌っている理由は、
動くことが身体にとって不都合だと
判断しているからです。

組織に傷があり、
炎症を起こしている場合、
そのような脳の判断は当然でしょう。

ですが、
痛みが慢性化すると、
病的というほどの組織的な傷は見られず、
また、炎症もそれほど大きくはない場合が
珍しくはありません。

では、
脳はいったい何を嫌っているのでしょうか?

私は、
スポーツ選手の慢性化した痛みを取ること
が得意です。

その方法のメインになるのが、
競技動作の修正指導です。

そこから得られた経験からいえば、

[人体構造に合った方向の動き
以外の方向の力が加わること]

[姿勢のバランスを大きく乱すような
体積配分に伴った負担があること]

これらのような
人体にとって不利な力学的条件
こそが脳が最も嫌う運動条件です。

脳は、身体を守るために
運動環境の不備を
痛みとして意識させています。

その役割は、痛みという感覚だけで
現され起ているのではありません。

日常的に繰り返される動きや姿勢の中に
力学的条件としての不備があれば、
脳や脊髄からの指令による
筋肉の働き内容にも”硬くなる”
という現象が現されます。

そして、
一旦起こった筋肉の働き内容の不備もまた、
運動環境の中での
身体(関節)に加わる力学的条件を
好ましくない状態にする要因となります。

それは、脳の運動への拒絶を
更に強めることになるのです。

脳は、自らが行っている
筋肉を利用した運動拒絶(=筋肉の過緊張)
であるにも関わらず、
その結果として起こる筋過緊張に伴う
運動条件の不備を感じ取ると、
そんことを理由に、
更に痛みを強める傾向があります。

このようにして痛みは慢性化されていく為、
医療界全体としては、
“慢性的な痛みは脳のイメージで起きている”
という理論が一般化しているのです。

ただし、そこには大きな盲点があります。

よく考えてみてください。

動いた時の痛みは、
運動への拒絶が原因です。

また、
その拒絶理由である運動内容の不備は、
[動き方]と[筋肉の働き内容]にあります。

筋肉の働き内容の劣化(過緊張)もまた、
切っ掛けの殆どは、動き方にあります。

この点については、
私の施術が正しい動き方を脳に伝える行為であって、
その行為で痛みが大きく緩和される
私の日常的な治療結果が根拠になっています。

つまり、
巷で最近よく言われている
“脳の感覚イメージへの対応(鎮痛薬)”
という医療だけでは、
根本的な解決は出来ていないのです。

大切なのは、
脳の運動イメージ、
つまり、
動きを表現する為の脳や脊髄による
運動指令の内容を正常化させることなのです。

その指令内容を決める為の
患部周辺からの感覚情報(力学的条件)が
痛みに最も大きな影響力を持っている因子だと
私には、その臨床経験から断言できます。

このような考えが医療に取り入れられれば、
慢性化した動きに伴う痛みへの対応は、
[運動中の力学的条件をいかにして
脳の気に入った内容にできるか]
を主軸のテーマにしたものになると思います。

そうなれば、
腰痛や膝の慢性化した痛み、
関節の変形で悩まれている人の数を
大きく減らすことができると私は考えています。

※文中の青い文字をタップ、または、クリックして頂くと関連ページにつながります。

フォロー宜しくお願いします


Warning: Division by zero in /home/shimotsuma/xn--asc-522eq20jw2l746b.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

コメントを残す