力感覚は、条件次第で痛みに変わる

 

力の感覚は、

突然、

痛みの感覚に変わることがあります。

 

その切っ掛けの多くは、

身体にとって

好ましくない事態が起きた時です。

 

例えば、

・骨格構造に見合わない力が加わった時

・炎症が起きている時

・過大な負担が狭い範囲に集中している時

・神経の働きがおかしくなっている時

・動きの滑らかさが失われている時

などです。

 

多くの動作痛(動いた時の痛み)は、

力感覚が、

脳の中で、

痛み感覚に作り替えられることで

感じている感覚です。

 

このような痛みは、

痛む場所周辺での

人が動いている時の

筋肉の働きを劣化させます。

 

筋肉の働きの劣化は、

関節への圧迫力の増加につながります。

その結果、

関節を傷つける力が増えてしまいます。

 

関節が傷付けば、

炎症が起こり、

炎症が起こり続けると

血液循環が悪くなります。

 

このような状態下で現れる痛みを

慢性疼痛(慢性痛)と言います。

 

慢性疼痛は、

炎症という発痛条件を基にした

力感覚からの痛み感覚への変換

によって創り出されています。

力感覚が痛み感覚に変換される過程は、

脳の中の無意識の領域で行われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

フォロー宜しくお願いします


Warning: Division by zero in /home/shimotsuma/xn--asc-522eq20jw2l746b.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382