スポーツ障害の原因は、筋力不足ではない!?

筋力不足とスポーツ障害は、

関係ありません。

なぜ筋力のせいにするのか?

『筋力が足りないから痛む』

という医療関係者や

スポーツ指導者が、

この国には多数います。

そのように言う理由の殆どは、

スポーツ障害を

治せないからです。

筋力が足りない=患者さんの問題

という方向に持っていって、

治せない責任を回避しているのです。

一般的処置への疑問

スポーツ障害の定義

ここでのスポーツ障害は、

前提として、急性外傷を省きます。

※急性外傷=捻挫・打撲・挫傷・骨折など

ここでは、

日常のスポーツ環境の中で、

急性外傷以外の理由で

身体のどこかに痛みが出た場合を

スポーツ障害と定義しておきます。

その殆どは、

怪我をする可能性が高い動きを

繰り返すことによって起こります。

医療機関での一般的な対応

スポーツ障害による痛みで

スポーツを続け難くい状態になれば、

多くの人は、

医療機関で検査を受けられるでしょう。

その検査内容は、

一般的にレントゲン撮影や

視診・徒手検査です。

スポーツ障害の多くは、

この徒手検査やレントゲン検査に

はっきりとした異常が

現れないものが殆どです。

そこで、

はっきりとした異常が無ければ、

医療関係者から言われる指示が

『安静』

または

筋肉を鍛えて筋力を上げなさい

筋肉を柔らかくしなさい

という3種類のいずれかであることが

非常に多いようです。

『安静』という指示は、

患者さんにとって、

望む望まないは別としても、

比較的、理解しやすく

実行するに易い指示内容です。

『筋力を上げなさい』も

一見理解しやすく思えます。

しかも、

スポーツプレイヤーにとっては、

自分の能力を向上させる

という様なイメージが強く、

非常に心地好い言葉に

感じられることも多いでしょう。

ところが、

スポーツ障害を起こしている状態で、

どの場所(部位)を

どのように、

どの程度の量で

行えば良いのかを

詳細に指示する医療関係者は

殆どおられません。

トレーナーを名乗る人達も

一個人に対し、

トレーニング内容を

詳細に伝えるケースは、

プロスポーツ選手の

専属トレーナー以外では、

極めて稀です。

もっと遠慮無く言いましょう。

例え、

詳細なトレーニングメニューを

トレーナーに組んで頂いたとしても、

その結果が良好なものとなるかどうかは、

色々な条件によって左右されます。

そのため、

実際に患者さんが

トレーニングを行った際、

その都度、

患部の状況観察を行った上で、

トレーニング動作やスピード、

負荷強度や量を調整しなければ、

意図的・効率的に

痛みを取ることは出来ません。

(その理由は⇒コチラをクリック)

それゆえに、

患者さん自身が

実際にトレーニングを行う上で、

どのようにするべきかと

迷ってしまうことや、

返って、

患部にダメージを被っていることが

非常に多くあります。

『筋肉を柔らかくしなさい』も

的外れでいい加減なごまかし言葉です。

(詳しくは⇒コチラをクリック)

現在の日本では、

治る可能性の薄い手段が

一般常識として広がっています。

私のブログでは、

本当にスポーツ障害治すための知識、

治して来た知識を

惜しみ無く披露しています。

スポーツ障害に悩む人が、

怪我から復帰、

または、

怪我自体を避けられれば

との思いで書いています。

フォロー宜しくお願いします


Warning: Division by zero in /home/shimotsuma/xn--asc-522eq20jw2l746b.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1417

コメントを残す