おしりの筋肉が痛くて歩けない症状で考えられること

おしりの筋肉が痛くて歩けない症状で考えられること

※文中の青い文字をタップ、または、クリックして頂くと関連ページにつながります。

患者さんの訴えがおしりの筋肉が痛むという内容であった場合、痛む場所や範囲、痛み出した理由や時期、痛みが強くなる動作などによって、私は、その原因を考えて施術方法を選んでいます。

お尻の痛みの原因別の分類

おしりの側面のみ、または、おしりの側面から太ももの外側が痛む場合、最も疑わしいのは、坐骨神経痛です。

おしりの側面だけでなく股関節の前面にまで痛みが広がっていて、足には痛みが無い、もしくは、前の方に股関節前面の痛みと同時に痛みを感じているような症状の場合、股関節由来の痛みが最も疑わしい病態です。

その他、打撲や捻挫などの怪我によって、おしりの筋肉に痛みを出すことが有りますが、その場合は痛みが出た切っ掛けがはっきりしています。

坐骨神経痛を現す病態

坐骨神経痛は、坐骨神経が配置されている筋肉が痛む症状です。

痛みの原因は、坐骨神経の働きがそれを監査している脳にとって”好ましくない”と受け止められているからです。

そうなる理由の殆どは、坐骨神経の働き内容が坐骨神経痛を出す以前に比べて変化したからです。

神経の働き内容は、椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症などによる神経への圧迫や筋肉の活動内容の変化に伴う関節への力学的条件の変化炎症、血液循環などに影響を受けます。

坐骨神経の働き内容が変化したことを脳が異常事態と受け止めれば、坐骨神経が配置されている場所の筋肉が痛いという感覚が意識の中に出来上がります。

股関節由来の痛みについて

股関節由来の痛みは、その多くが股関節での炎症です。

炎症の原因は、主に関節軟骨の摩耗や関節包に出来た微細な傷であることが多く、それには、股関節周辺の筋肉の働き内容が大きく関わっています。

また、その股関節周辺の筋肉の働き内容を劣化させる大きな要因一つに股関節の骨盤側の受け皿(臼蓋)が小さいという形態変異が有ります。

この形態変化は、股関節に痛みや動きの悪さが出てから気付く人も多く、また、レントゲン検査の結果を判断する医師によって診断内容や病態評価に大きな違いも有ります。

臼蓋が小さいと股関節運動の時に生じる不安定性が少し大きくなり、そのわずかな不安定性だけでも脳は筋肉の働き内容を変化させ、その変化によって関節運動時の関節軟骨の摩耗率は多くなると私は考えています。

その影響が中高年以降に出やすくなる傾向がある理由は、脳や脊髄による運動管理能力が衰えて来るためだと考えられます。

怪我が原因のおしりの痛み

おしりの筋肉が肉離れを起こすことは、ほぼありません。

ですから、はっきりした痛みの原因がある場合は、おしりという場所では、股関節の捻挫や打撲であると思われます。

股関節の捻挫の場合は、先に説明した股関節に由来する痛みと同様の場所に痛みを感じます。

打撲は、打ち付けた場所に痛みを感じ、その切っ掛けからしても、痛む理由は本人にも理解しやすく、経過もそんなに悪くはありません。

ただし、転倒して股関節の側面を強く打つと太ももの骨を骨折していることも考えられますので歩く痛みや歩き方に異常があるようでしたら整形外科で検査を受けましょう。

その他のおしりの痛み

ごく稀に内蔵疾患や脳梗塞などが神経痛のようにおしりや太ももに痛みを出すことが有ります。

このような時の鑑別診断は、非常に難しく、文章での説明は誤解を招く恐れもありますので詳細な記載は控えさせていただきます。

おしりの痛みだけでなく、どこの痛みであっても安静時の疼きがあったり、喉の渇きがあったり、発熱など動かした時のおしりの痛み以外の症状があれば、整形外科や内科を受診し、症状の全てを詳細にお話になった上で医師の診察を受けるようにしましょう。

フォロー宜しくお願いします


Warning: Division by zero in /home/shimotsuma/xn--asc-522eq20jw2l746b.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

コメントを残す