硬式テニス打ち方を例にしての指の力配分による条件反射様の定型的動きが起こる理由

硬式テニス打ち方を例にしての指の力配分による条件反射様の定型的動きが起こる理由

 

前回のブログの補足的な内容です。

 

人の動きには、無意識の運動調整が多く関わっています。

 

その中でも一つの場所の特定の動きが他の場所の決まった動きを誘導するという

条件反射に似たような運動パターンは、運動能力の向上や怪我の原因との関係が深く

スポーツする上においては知っておいて損は無い運動機能であることは前回のブログで説明しました。

 

では、なぜそのような一部の場所特定の動きがスポーツ動作の質左右するような

定型化された動きを導くのでしょう。

 

その理由は、脳のプログラム機能にあります。

 

脳は、運動の管理調整をしていますが、

その調整基準は、安全性と効率性です。

 

今回の条件反射の様な連続、または、同時に起こる決まった動きのパターン化は、

いわば、人体構造に見合う使い方する為のルール化のようなものです。

 

例えば、棒の端を強く握って何かを叩く動作をするには

小指付近と親指付近に支え点を作る方が手の握りの中に支点と力点(作用点)作ることができます。

 

このような握り方をした時の棒の使用目的の通例が叩くや突くであり、

叩くや突くという行為の効率性からは、

身体の中心に近付いて来る運動方向であることが望ましく、

その構造特性やテコの原理に合う動きとなるような動作パターンの定型化が

脳の中に出来上がっています。

 

その具体的な動きのパターンが、テニスのフォアハンドに観られる

小指側を強く握ると腋を閉める腕の動きが誘発されやすくなるという現象です。

 

逆に、バックハンドは、小指を緩めることで上手く行くのですが、

その理由は、身体中心から離れて行く方向の動きを用いる必要があるからです。

 

叩く動作としては、

身体の外から内(中心)に近付く動き(フォアハンド)の方が効率性が良いのですが、

テニスというスポーツの特長と右利きか左利きかの利き腕特性があるということが理由で

ボールの位置によりバックハンドが選択されています。

 

ですから、叩く動作の効率性がフォアよりは劣ります。

 

そこで、両腕を用いたり、シングルハンドの場合、テイクバックをしっかりとって、

そのテイクバック位置からの身体の中心に近付く動きと

遠心力を利用した腋を開き、肘を伸ばす動きを合わせてボールを叩いているのです。

 

そこで実はバックハンドには注意すべきことがあります。

 

それは、テイクバック最終位置から身体の中心に近付く動きは、

フォアハンド同様に小指中心の握りにし、

打点付近からは、小指の握り力を少し緩める方が腋の開きと肘の伸びが上手く行くということになります。

 

ただ、本来は、肘の伸びが小指の握りを緩める作用を持っていますので、

意識して強く握ろうとしていなければ、自然に小指の握りは少し緩み、

腋を閉める動きの誘導も無くなります。

 

もし、このような時に強く握るを意識し過ぎていれば、

小指の力が最後まで抜けず、腋の開きや肘の伸び動作が劣化します。

 

腋を閉じるような無意識での定型化された動きの誘因(小指の強い握り)が残った状態で

相反する腋の開きが意識目標として起これば、その動きに関わる筋肉や関節に大きな負担が加わることになります。

 

これが多くのスポーツ障害の原因になっています。

 

定型化された動きは、スポーツ動作や日常動作の中に多く含まれています。

 

その条件反射の様な動きの連動性は、安全性や効率性を基準に

人類としての経験則の結果身についているものが多く、

それらの獲得も無意識であれば、発動も無意識で行われます。

 

それゆえに一般的には自覚されておらず、また、

無意識で起こる反応ですので、意識された動きで無理矢理変更することもできます。

 

ただし、多くのスポーツ動作のような速い運動条件の中では、

意識による運動コントロールは不完全この上なく、

もし、意識的運動目標が、無意識での条件反射様の動きと逆行する関係にあれば、

動作の質を落としたり、身体を害することになります。

 

人の動きとして自然であること。

 

それを主題にして運動動作を考えて行くことをお勧めします。

フォロー宜しくお願いします


Warning: Division by zero in /home/shimotsuma/xn--asc-522eq20jw2l746b.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

コメントを残す