体育の怪我から子供を守る マット運動 その1 首の捻挫を防ぐ安全な前転

体育の怪我から子供を守る! マット運動 その1 首の捻挫を防ぐ安全な前転

※文中の青い文字をタップ、または、クリックして頂くと関連ページにつながります。

マット運動が苦手な子供さんは首の捻挫を起こすことがよくあります。

当院でも年間1~2人程度、体育のマット運動の失敗による首の捻挫で子供さんが来院されます。

その根本的原因は、手の支えが出来ていない事にあります。

頭を着いて前まわりをしているのです。

頭のてっぺん(頭頂部)よりも後ろからマットに着け始めれば、頭を着いた前まわりでも、ほぼ首の捻挫を起こすことはありません。

ただし、頭頂部の後ろからマットに着くようにするには、やはり、手の支えが重要です。

また、例え、頭頂部の後ろから頭を着けたとしても、手の支えが上手くいかず、左右どちらかに倒れてしまうと、やはり、首を傷めてしまいます。

そこで、今回はマット運動の前転から子供達の首を守る対策として、手の支えが上手くいかないよくある理由と改善策を中心にマット運動の前転の身体の使い方を解説していきたいと思います。

マット前転の手の支えが上手くいかない理由と解決方法

日常において、前方向の地面に手を着くという行為は、その殆どが前への倒れ込みの勢いを止めるための動作です。

前転という前方向の縦回転は、もし、無重力環境で行う時には、手は膝を抱えるようにする方が効率的な回転動作となります。

水中で回転をする時も同様です。

無重力や水中での環境と地上での違いは、重力(地面方向の力が働いていること)です。

その重力に対抗する力をどこかで作る必要がマットの前転運動にはあります。

理想的には、その力を手の支えで作り出し、手を着く前の身体全体で表現する回転動作(頭を前下方向に下げながら屈み込む動作)の勢いを合わせて縦回転方向に重力の影響をずらして行くことが望まれます。

ですが、先程も書きましたが、前転という縦回転は、屈み込む動きが必要ですので、一般的な地面に手を着く動作とは手を使う目的が違ってきます。

このことを理解した上で前転への手で支えるという動きの取り入れを工夫しなければ、本来の回転動作の基準に従った手の使い方(膝を抱える様な動き)の影響が無意識の内に強く現れ、上手く身体(頭)を支えられません。

もしくは、ごくごく稀に、手で地面(マット)を押しすぎて身体の動きを止めてしまい、縦回転の動作が出来ないということもあります。

このように、人が日常的に行う色々な動作には、本来の形式(セオリー・決まりごと・法則性)があり、それは、脳の無意識で働いている領域による運動形式のプログラム化によって成り立っています。

この無意識の運動プログラムは、条件反射に類似するものであり、よほど訓練しないと形式変更されにくい傾向が強くあります。

このような人の動きの特性を指導者が解っていないことが、多くのスポーツ障害(怪我)の原因なのです。

手を着く動作と縦方向の前方回転動作の相反性への対応

前転においての手を着く動作と縦方向回転とでは、自然な手や身体の動かし方としては、相反する動き特性があり、それがマット運動の前転を安全に出来ない原因になっていることが少なくありません。

この解決方法は、前転が手を着くという動作に次ぐ縦回転動作であり、

少なくとも2種類の別の動作連続技だと気付けば(指導すれば)、多くの場合解決します。

ですから、練習方法も前転方向の勢いを付けずに、屈んで前に倒れ込み、手を着いて頭が着かないように支える動作をまず練習します。

次いで、手で頭を支えた位置で止まった(前に倒れないように我慢した)体勢からヘソを見るような感じで頭から身体を丸めて縦方向に回る練習をするだけです。

身体が縦回転し始めたら、手は力を抜いて自然な動きに任せます。

前転の最後姿勢として、お尻が浮いた屈み姿勢になりたければ、できるだけ小さく身体を丸める練習をすることと、手を着いた直後の回り始めの勢いを地面を少し蹴って大きくすることです。

それで綺麗で安全なマットの前転運動になるはずです。

もし、この考え方と練習方法で上手くマット前転ができなければ、直接、私に御相談ください。

フォロー宜しくお願いします


Warning: Division by zero in /home/shimotsuma/xn--asc-522eq20jw2l746b.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

コメントを残す