スポーツ能力向上に必須、回転動作を上達させる浮き上がりのタイミング

今回は、水平回転動作を上手く行うための

重要な要素の一つである

“浮き上がる動き”について、

どのようなタイミングで取り入れられるべきか

に重点を置いて書いていきます。

水平回転動作に浮き上がる動き
を取り入れることの利点

水平回転動作は、遠心力を生み出す動きです。

その遠心力を上手く利用すれば、

打撃や方向転換に多くの利点をもたらします。

しかしながら、

水平回転方向の力が身体に直接大きく加わると、

腰痛や膝の捻挫、シンスプリントなど、

水平回転方向の力が原因となる

スポーツ障害を引き起こしてしまいます。

その最大の理由は、

人の関節には、水平回転方向に対応した

動き方ができる関節が少ないからです。

競技動作に水平回転方向の動きを

上手く取り入れるためには、

水平回転方向の動きを

ほぼ無制限に受け入れることができる

足裏と地面との間という可動場所においての

水平回転方向の動き幅が重要となります。

足裏と地面との間での水平回転方向の動きを

上手く利用する方法の中でも、

今回は、浮き上がる動きを

タイミングよく水平回転動作に取り入れる

という方法に注目して説明していきます。

水平回転動作という、

回転軸を必要とする動きは、

条件次第では、

回転軸と地面との間に

大きな摩擦抵抗力を生みます。

摩擦抵抗力が大きければ、

足裏と地面との間での

水平回転方向の動き幅は小さくなります。

コマの芯のように地面に接する面積が小さい、

もしくは、半球体状(人体には不可能)であれば、

回転時の摩擦抵抗力は小さくて済みます。

また、回転軸となる足の足先の向きを

前もって空中で回転する方向に向けてから

接地してから体重をかければ、

水平回転に伴う体の捻れは小さくなります。
(走行や静止状態からの急な方向転換による
シンスプリントへの対応に効果的)

しかし、人の水平回転動作の軸となるのは、

通常は、どちらか一方の足であり、

足には複数の不安定な屈曲箇所(関節)があります。

その上、地面との接地面である足裏は、

コマの芯よりも大きな面積を持っています。

従って、

水平回転を取り入れた動作における

地面と足裏との間での摩擦抵抗力は、

その時の動作条件次第では、

円滑な水平回転を妨げるのに十分なほど

大きくなります。

したがって、円滑な水平回転動作を行うには、

その軸となる足の地面との摩擦抵抗力を

減らすため手段(動き)が必要です。

摩擦抵抗力を減らす手段

最も簡潔な摩擦抵抗力を減らす手段は、

接地面を小さくする爪先立ちや踵立ちです。

しかし、この方法は、

双方の立ち姿勢ともに、

人の水平回転動作としての安定性を

どのような動作状況でも発揮するのに

有利な姿勢であるといえません。

例えば、テニスのボールへの打撃動作は、

通常、ボールに追いつくための動きの後に、

それに続く動きとして回転動作が起こります。

ですから、その回転動作には、

追いつくための動きの影響が現れます。

そこで、爪先立ちや踵立ちという

不安定な軸の形成以外の方法(動作要素)を

取り入れる必要があります。

その方法の一つが

“浮き上がる動き”の取り入れです。

この浮き上がり動作の取り入れは、

多くの回転動作を用いるスポーツ競技動作に

有効な手段です。

水平回転動作に動き浮き上がる動きを

タイミングよく混入すれば、

回転を必要とするスポーツ動作の多くで、

いくつもの利点を得られることになります。

その最大の利点は、言うまでもなく、

水平回転動作の軸となる足の

足裏と地面との間に加わる摩擦抵抗力を

極端に少なくすることができるという点です。

回転運動に伴う摩擦抵抗力が小さくなれば、

動きに伴う身体に加わる水平回転力や

身体に加わる外からの力(外力)が原因となる

スポーツ障害を防ぐことができます。

更に、運動自体も

邪魔をされる要素(抵抗力)が減るため、

その質や力量、速度が向上します。

ただし、

打撃など、体外への力の放出動作は、

その放出先がボール等の物体であった場合、

全身の安定した支持

(地面への踏ん張り力と反発力)も重要です。

従って、

水平回転動作の中のどこで軸足を踏ん張り、
どのタイミングで浮き上がる動きを

取り入れるのかで

目的となる動作の質が大きく変わってきます。

水平回転動作に浮き上がる動きを取り入れるタイミング

水平回転を伴う競技動作に

浮き上がる動きを取り入れる事で

多くの利点が生まれることは間違いありません。

ただし、その取り入れタイミングが重要です。

そのタイミングは、理論上で考えたり、

言語で表現することが難しく、

それゆえに多くのスポーツ動作への

指導内容から抜け落ちています。

言語表現の難しさは、

私にも言えることなのですが、

浮き上がるタイミングを

各スポーツ動作に限定すれば、

そのスポーツのプレイヤーには伝わると思います。

例えば、打撃、

特にテニスでのボールを打つ動作に限定すれば、

浮き上がるタイミングは、

ボールへの打撃直後が理想的です。

エア圭のように

助走とジャンプが作り出す慣性力に

身体の安定性を保たせながら打つ

という方法もありますが、

私の文章力では上手く伝えられないので

ここでは例外ということにしておきます。

格闘技の蹴り動作であれば、

空振りした時のみで大丈夫です。

因みに、格闘技の回し蹴りの動作は、

その能力を高めるには、

蹴る時の水平回転動作に

浮き上がる動きを取り入れるよりも、

軸足の足先の向き変える動きを

蹴る動作に先行させることの方が効率的です。

走行や静止状態からの急な方向転換が原因の

シンスプリントへの対応策も同じです。

この場合、足先の向きを変える方法は、

踵を内に入れるようにして外側に回します。
(陸上のトラック競技のコーナリングは除きます)

このように水平回転動作であっても、

スポーツ種目による特長があり、

その全てを書くのは時間がかかります。

そこで、

どのようなスポーツ動作について

お聞きになりたいかを

お問い合わせよりメールくだされば、

直接アドバイス、

もしくはブログとして書かせて頂きます。

スポーツ動作の御相談は、

奈良県香芝市の下間整骨院までどうぞ。

このブログが少しでもお役に建てたなら、

↓シェアしてくださると嬉しいです。

フォロー宜しくお願いします


Warning: Division by zero in /home/shimotsuma/xn--asc-522eq20jw2l746b.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

コメントを残す