身体に良い、健康増進に役立つ正しい歩き方・ウォーキング方法

健康増進に役立つ正しい歩行動作

 

健康増進に役立つ という漠然とした言葉となっていますが、

もう少し、イメージして頂き易く表現するなら、

身体にとって有益な要素の多い歩行動作 ということになると思います。

 

逆に、もっと簡単に考えれば、

身体にとって好ましくない条件を

できる限り抑える工夫をした歩行動作とも言えます。

身体にとって有益な歩行動作とは?

歩くことの有益性とは? と聞かれればどう答えるか。

 

色々な物事には必ず利益面と不利益面があり、

それは、その時の状況次第で入れ替わったりもします。

 

歩くということも例外ではありません。

 

では、どうやって、現状に合った有益性を歩くという行為で求めて行くのか?

 

これは、実は大変難しいのです。

 

なぜ難しいかといえば、身体に有益だと感じる感覚がはっきりとは無いからです。

 

例えば快の感覚がありますが、この快、つまり心地好い感覚は、

必ずしも身体への有益性を得た時を現しているとは限りません。

 

タバコや麻薬、按摩、マッサージ整体、カイロプラクティックなど、

身体を害する要素を多分に含んでいても快の感覚は起こります。

 

快の感覚は、有益性追求の目安としては、当てにならないのです。

 

考え方を変えてみましょう。

 

歩くという行為は、間違いなく有益性を含んでいます。

 

この点は、多くの人が実感できる経験をお持ちでしょう。

 

では、有益性があるが、その具体化が難しいし、実感しにくい要素だと過程すれば、

その有益性を求めるならば、歩くという行為の不利益性を削って行けば良いのです。

 

人は、精神面でも、社会かんきょうでも、自らに訪れる不利益性に敏感です。

 

人の運動機能(運動環境)という面例外ではありません。

 

そして普段は、あまり意識化されない運動している時の感覚も

不利益性がある場合、疲労感や怠さ、痛み といった苦痛として意識化されます。

 

つまり、運動環境としての不利益性は、比較的わかりやすいのです。

 

この感覚を重要視して、それが起こらないことを前提とした歩くという動作を

行うことが歩くという行為の有益性を効率よく導くことになるのです。

 

ただし、疲れや怠さ、痛みという感覚が現れるには、

不利益性が時間的・量的に積み重なる必要があり、

そこには個人差や現状(病状)が大きく反映されます。

 

歩くという行為は、人の運動としては、運動負荷が大きい方ではありませんので、

歩くことでの不利益性感覚は、継続時間による条件によって影響が大きいと考えられます。

 

私がお勧めする歩く時間については⇒コチラを御覧ください。

 

歩く行為での有益性を最大限引き出すには、歩く時間以外にも歩き方も重要な要素となります。

 

この点については、次回のブログでお話させて頂きます。

フォロー宜しくお願いします


Warning: Division by zero in /home/shimotsuma/xn--asc-522eq20jw2l746b.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

コメントを残す