動作の完成度とスポーツの痛み

スポーツすると痛むのは、

スポーツ動作の完成度が低いからです。

人の動作は、

何らかの目的を持っています。

例えば、

歩くという動作は、

『前に進む(移動する)』

という目的を持っています。

目的(意思)があって

動作が起こります。

目的を達成するために

動作が起こります。

つまり、

目的さえ達成できれば、

動作自体の内容は、

実質的には、

どのような動き方でも良いのです。

スポーツに関わる動作の多くは、

跳ぶ・回る・屈む・倒れる・蹴る

等の動きが複数混ざり合って

出来ています。

ただし、

複数混ざり合っているとしても、

それぞれの動きの

動作に組み込まれるタイミングや

量・動き幅・スピードなどに

個人差や環境差があります。

しかしながら、

個人差や環境差があっても、

慣れた動作の多くは、

動作目的を達成します。

ここにスポーツ障害(痛み)

に繋がる要因があります。

例え、

動作目的が達成出来ていても、

必要な動き(跳ぶ・蹴る・倒れるなど)が

上手く取り入れられていなければ、

身体のどこかに、

大きな負担をかけてしまいます。

その負担が集中する場所に

痛みを感じるのが

スポーツに関わる痛みの特徴なのです。

当然、その解決方法は、

痛む場所に負担が集中しないように

スポーツの競技動作を修正することです。

スポーツ障害やスポーツ動作の修正は、

他院で数ヶ月治らない症状でも、

3~5回程度で改善させる下間整骨院に

御相談くださいね。

御相談は、ラインでお気軽にどうぞ!

フォロー宜しくお願いします


Warning: Division by zero in /home/shimotsuma/xn--asc-522eq20jw2l746b.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382